マカオ・商丘・大連への旅(4)


こんばんは。サクラホテル幡ヶ谷 タケシです。

明けましておめでとうございます。
本年もサクラホテルをよろしくお願いします。

シリーズでお送りしている中国旅行ブログ。
今回はマカオを離れ、いよいよ中国本土 河南省 商丘へ入ります。

商丘市は河南省の最も東側にあり、山東省と安徽省に接しています。
都市部の人口は約200万人ほど。中国ではさほど大きな都市ではありません。002

駅前はこんな感じです。005

商丘は、北京や上海のように観光スポットが沢山あるわけではありませんが、
春秋時代の王朝の一つである「宋」の都として知られています。011

中国の春秋時代といえば、日本はまだ縄文時代。
現存している城壁はさすがにその当時の物ではありませんが、明代からのものだそうです。
そうだとしても、500年以上の歴史がありますね。015

城壁の内部は整備中のようです。
昔の中国の街って感じがしますね。021 022 031

メインストリートは石畳が整備されていましたが、
少し脇に入ると、生活感あふれる風景が垣間見えます。033 034 035

いかにも素朴な人たちですね。
現地の人との交流も旅の楽しみの一つです。042 043 044

今回のブログはここまで。
それでは、また次回お会いしましょう。

コメント欄

Your email address will not be published. Required fields are marked *