世界の食卓MENUが登場です🌎 Grandma’s Recipe of the world


こんにちはMaiです!

Naomiが夏季限定ドリンクメニューを紹介してくれましたが、

新フードメニューも登場しました‼‼‼

Hello this is Mai! Naomi just introduced our summer drink menu but we have a new food menu also!!!

 

世界の旅人きまぐれ料理~Grandma’s recipe of the world~

と題しまして、期間限定メニューも登場しています‼

第一弾はイラン、ボリビア、南アフリカ共和国のメニュー!

改めて紹介していくよ!!!

Those are the limited menu from Iran, Bolivia and South Africa which are our guests stayed at Sakura Hotel taught the recipe!! 

 

エントリーナンバー1番

チョレジャーナ from ボリビア

Chorrillana from Bolivia

ウユニ塩湖で有名な南米ボリビアでポピュラーな牛肉のトマト煮。
スパイスが効いてて食が進む進む!(辛くないよ)
ポテトの上にトマト煮を乗せて食べるのが一般的らしいのですが、

サクラカフェではご飯を添えてボリューム満点の一品にしました!!!
がっつりと食べたい時にもおすすめです。

Tomato stewed beef which is popular in Bolivia famous for Uyuni salt lake.
The spice works and have a good appetite !!(not spicy)
It is common to eat the stew on potatoes, but we added rice and made it a perfect volume dish at Sakura cafe!
It’s also recommended when you want to eat lots!!

ボリビアについてボリビアは海のない内陸国。山岳地帯と熱帯地帯で大きく分かれ気候によって食べ物も異なるそう。首都ラパスで魚を食べますが、他の地域ではゴカイ類を食べたことない人も多いとか!

About Bolivia: Bolivia is a landlocked country with no sea. The food is different depending on the climate. People  eat fish in the capital city of La Paz, but it seems that many people have never eaten seafood in other areas.

エントリーナンバー2番

ボボディ from 南アフリカ共和国

Bobotee from South Afraca

ミートローフが原型と言われていてる南アフリカ共和国の国民食。

カレー風味のスパイシーな香りとドライフルーツの甘みがMIXしたひき肉の上に、ほぐした卵と牛乳をながして焼き上げました。

カレーというと辛さを気にされるお客さまも多いともいますが、どなたでも食べられエルマイルドな辛さです!食用が落ちやすい夏にもおすすめだよ☀

It is the national food of South Africa, which is said that based on a meatloaf.

The spice of curry and the sweetness of dried fruits are mixed well and we put eggs and milk on the top and baked!

Some of you might care about spiciness, but anyone can eat it and it’s  actually mild taste!

Recommended in summer if you loose an appetite!

 

ちょこっとHistory : 南アに連れてこられたマレー系労働者が創り上げたケープマレー料理の中の1つ。発祥は17世紀。

この料理の発祥地であるケープタウンには現在もその人々の末裔が暮らしているそうです。

History: One of the Cape Malay dishes created by Malay workers brought to South Africa. Origins in the 17th century.

It seems that the descendants of the people still live in Cape Town, the birthplace of this dish.

 

 

エントリーナンバー3番

ゴルメサブジ from イラン

イラン公用後のペルシア語で「ゴルメ(Ghormeh)」は【煮込み】、「サブジ(Sabzi)は【野菜】の意味。

東北牧場の野草にパクチーや赤いんげん豆、ターメリックなどのスパイスをふんだんに使用したイラン風ハーブカレーです!隠し味にレモンを使用。

本場ではラム肉を使用しますが、今回は日本人に馴染みのある牛肉でアレンジしました!

In Persian after the official use of Iran, “Ghormeh” means “boiled” and “Sabzi” means “vegetable.”

It is an Iranian herb curry that uses a coliander, red beans and turmeric in the wild plants of the Tohoku Ranch! We use a  lemon as a secret ingredient.

At home, we use lamb meat, but this time we arranged it with beef that is familiar to Japanese people.

イラン料理について:イランは周辺国ギリシャ、ローマ、中東などの影響を受けて料理が発達!豆や野菜を使う料理が多く日本人の口にも合いやすいです。エスニックの印象が強いかもしれませんが、辛さはあまりなく、ハーブや香辛料の香りがたつ味付けが多いよ!

Iran has developed its cuisine under the influence of neighboring countries such as Greece, Rome and the Middle East There are many dishes that use beans and vegetables, and it is easy for Japanese people to eat also. Some of you may have a strong image that the taste is very ethnic, but it is not very spicy and is often seasoned with herbs and spices!

 

3か月に一度メニューも変わっていく予定なので、

是非お試しくださいね! 

食のしちゃおう😄🌎🛫

We update the receipe in every 3 months so check them out!

s

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *